道に迷った時は

人生において、選択に迷うことがたくさんありますよね。

過去記事にも書きましたように、

「どうするべきなのか」「何が正しいのか」という基準で判断することに疲れ果てた時、

もうそういう生き方を一切やめて、全て自分で決めて、どんな結果になろうとも、

それも全て引き受けるようにしてからは、人生への姿勢が大きく変化していきました。

簡潔に表すなら「とても納得いく人生」になったように感じています。

それは何もかもが思った通りに運ぶという意味ではなく、

自分の心からの思いを大切にするという感覚でしょうか。

ですから、結果には執着していません。

息子が進路に迷って、なかなか決められないことがありました。

普段、子どもたちの進路や勉強、成績などについては一切口出ししませんが、

その時は翌日に回答期限が迫っていたため、少しだけラインしました。

「おそらく、迷っているのは選択肢Aのメリット・デメリット、選択肢Bのメリット・

デメリットをあれこれ並べて、ここはAがいいけど、この部分についてはBがいいとか

やってるんだろうけど、それをやっている限りずっと答えは出ないと思う。

まずはたったひとつだけ、これだけは誰に何と言われようとも絶対に譲れない、という

自分にとって一番大切なことは何なのかを決めてみて。

そしたら自動的にAかBかは決まるでしょ。

あとは自分で決めた選択と、自分自身を信じて、

その一点に集中して全力を注ぎ、選ばなかったもののことはすっぱり忘れよう」

なんと5分で決まりました。

あんなに1週間以上、うんうん悩んでいたのに(笑)

そう。

私たちは損得勘定をしたり、社会のルールに沿うように、という基準で判断しようとする時に迷います。

でも、

人生において本当に大切にしたい事を、たった一つだけ選ぶ時、そこに迷いはありません。

そして息子は悩んでいたことすら忘れ、心から納得のいく人生を生きています。

文・写真 EIKO

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


名古屋市と長久手市のヨガスタジオ フィレックスのライン@お友だち追加ボタンです
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。